太い毛を抜く解放感から自己処理をしないという解放感へ

女性23歳
自由が丘脱毛クリニックのような名前に2年通い3万円使いました。

脇毛を脱毛しようと思ったきっかけは、やはりどうしても脇の毛は処理しないわけにはいきません。又、カミソリで剃ってもすぐに生えてきてしまうし、すぐ黒っぽい感じになってしまいます。その為いつも毛抜きで抜いていましたが、埋没毛もできてしまうし、何より時間がかかりました。その為、当時3万円は大きな金額でしたが、思い切って脱毛することに決めました。

いつもカミソリや毛抜きで1本づつ抜いていました。太い毛を毛抜きで抜く作業は楽しかったのですが、時間もかかるしずっと同じ姿勢なのも辛かったです。又、抜いた毛をティッシュなどに並べていくのも、毛根がついているためティッシュに張り付き、スッキリするような気持ち悪いような感じでした。

当時脇脱毛3万円で大々的に売り出していたサロンで、中吊り広告などもよく見かけました。そのインパクトがずっと残っていたので、そこまで言い切っているなら法外な値段は取られないだろう。と思い、20代前半でエステも脱毛サロンも未体験でしたが勇気を出して行ってみました。ザックリした店舗で、スタッフさんの会話もたまに聞こえてしまうような小さな店舗でした。ですがカーテンではなくきちんと個室になっていたのが初めての私には安心感を持てたと思います。待合スペースには1,2名待ちの女性がいることもありましたが、私は脇だけの為、あっという間に終了。3ヶ月に1回、近くはない自由が丘までこの10分程度の為に通うのはとても面倒に感じましたが、今となっては行っておいて本当によかったと感じています。脇脱毛位しているのが当然だと思うし、同年代で脇脱毛していないという話を聞くととても驚きます。絶対にやった方が自分が楽だし、迷っている人がいたら100%おススメしたいと思っています。
>>脇毛 抜く癖を公開する前にみてください。

脇脱毛したら自己処理をしなくて済むようになりました

女性 29歳から32歳くらいまで銀座ラ・フィッテ(今はありません)、渋谷皮フ科医院に通い、 わき、 腕、脚 を脱毛しました。3年程で25万円くらいかかりました。
昔から毛深くて脱毛処理が大変でした。私は今40代、当時はあまり脱毛品も豊富にありませんでした。わきの下以外は服で隠すようにしていました。
働く頃になるとサロンがあることを知りましたが勧誘が心配でなかなか行けず結婚する時に申込、通い始めました。
脱毛は最初はわきの下だけ、レーザー脱毛でした。通い始めると腕や脚の脱毛もしたくなりました。それで追加でお願いしました。
ただこの脱毛方法はわきの下にはあまり効果がありませんでした。なかなかわきの下の毛は減りませんでした。腕や脚はかなり毛が減り薄くなりました。あれ以来自分で処理したり目立たない服を着ることはなくなりました。
わきの下は半分くらい脱毛が出来たところで他で脱毛することにしました。わきの下は特に自己処理をしたくなかったのできれいにツルツルしたいと思いました。
それで針の永久脱毛をしてくれるところを探しました。サロンのこともあったのでレーザーでは何となく脱毛できないような気がして針を選びました。
永久脱毛をしてきれいになり本当にやって良かったと思います。